慶應オンライン

利用規約

(趣旨)

この規約は、慶應義塾大学の卒業生(塾員)限定のインターネットサービス(慶應オンライン) (以下、「本サービス」といいます。)の円滑な運用を図るために必要な事項を定めたものです。

第1条 目的

本サービスは、学校法人慶應義塾(以下、「義塾」といいます。)が塾員を対象として、 義塾と塾員の双方向の情報発信および塾員相互間のインターネットを通じた交流を通して、 より高次なサービスを提供するものです。

第2条 利用資格

本サービスの対象は以下の各号のいずれかに該当する者とします。

  • 慶應義塾の大学学部又は大学院ならびに慶應義塾看護短期大学の正規の課程を卒業・修了した者。
  • 慶應義塾がかつて設置した高等部、大学附属医学専門部および獣医畜産専門学校の正規の課程を卒業した者。
  • 慶應義塾により塾員として特選された者。

第3条 利用規約の遵守

利用者は本サービスの利用にあたっては本規約を遵守する義務を負うものとします。

第4条 利用規約の変更

  • 義塾は、利用者の了解を得ることなく、本利用規約の内容を変更することがあります。
  • 変更後の利用規約は、本サイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。

第5条 利用規約の承諾

利用者が本サービスを利用したときは、本利用規約の内容を承諾したものとします。本利用規約が変更されたときも、同様とします。

第6条 個人情報保護

義塾は本サービスにおいて取得され開示される利用者のいかなる個人情報についても本人の同意無しに第三者にこれを漏らし利用させることありません。 個人情報の取り扱いについては、「プライバシー保護の方針」に基づき適正に取り扱うものとします。

第7条 利用者の同一性の確認

本サービスは認証された利用者本人しか利用することができません。 利用者の同一性については、アクセスキーないしはユーザ名・卒業年(あるいは塾員番号)・パスワードをもって確認をいたします。 義塾はそれらが第三者によって悪用された場合に生じる不利益、損害については義塾は一切の責任を負いません。

第8条 利用料金

本サービスへの登録、年会費および各コンテンツの利用は原則として無料です。 ただし、将来開始される予定の一部の有料コンテンツにおいては、この限りではありません。 また、利用者が契約しているプロバイダーの接続料や電話料金などは利用者の負担となります。

第9条 サービスの変更・停止・中止

  • 義塾は必要に応じ、本サービスの提供を一時停止して保守点検を行います。 この場合には原則として事前にその旨を利用者に通知しますが、 緊急の場合には通知をせずに本サービスの提供を一時的に停止することがあります。
  • 義塾は、諸般の事情により、何らの予告無しに本サービスを一時的に停止し、 または、将来に向かって中止する場合があります。
  • 義塾は、随時、本サイトの内容を変更することができるものとします。
  • 義塾は電子メール、本サイト上の掲示、その他義塾が適当と認める方法により、 利用者に対し、随時、本サイトの円滑な運用のために、必要な事項を通知することがあります。

第10条 登録・投稿情報の使用許諾

  • 本サービスを利用して登録・投稿された情報の権利(著作権および著作者人格権等の周辺権利)は、創作した利用者本人に帰属するものとし、 無断での複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、転載、公衆送信(送信可能化を含む)、伝送、配布、出版、営業使用等を禁止します。
  • 義塾は、利用者本人による登録・投稿情報を、本サービスの円滑な運営や広報宣伝等、 義塾が必要と判断した範囲で使用することができるものとし、 その際に利用者は、本項に基づく義塾による著作物の利用について、 著作者人格権を行使しないものとします。

第11条 利用者の責任

  • 利用者は、自身の自己責任において本サービスを利用するものとし、 本サービスを利用してなされた行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。
  • 本サービスを利用して利用者が登録・投稿した情報に関する責任は、 利用者自身に課されることになります。義塾は利用者が本サービスを利用して登録・投稿した情報の内容について、一切の責任を負いません。
  • 利用者は、本サービスを利用してなされた行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。 利用者が登録・投稿した内容等が、法令違反や他人の名誉を毀損した場合、 許諾なく第三者の個人情報を開示した場合、プライバシー権、著作権、その他他人の権利を侵害した場合には、 当該利用者は自身の責任と費用において解決しなければならず、義塾は一切の責任を負いません。
  • 法令または本利用規約に従わない利用者には、本サービスに対して有する権利、 主張、法的措置、訴訟手続きの全てから義塾を免除し、放免するものとします。
  • 利用者が本サービスの利用に起因して損害(コンテンツ等が破損もしくは滅失したことによる損害、 または利用者が本サービスから得たコンテンツ等に起因する損害を含むがそれに限定しない)を負うことがあっても、  義塾はその原因の如何を問わず、一切の責任を負わないものとします。
  • 天変地異、停電、予期せぬ事故・障害、ハッカーなど第三者による破壊行為および禁止事項に反する行為、 第9条による本ネットワークサービスの変更・停止、中止などにより、利用者に不利益となるような事態が発生した場合、 義塾はそれによって生じる利用者のいかなる損害に対しても一切の責任を負わないものとします。

第12条 禁止事項

利用者は、本サービスの利用にあたり、次の各号に定める行為(そのおそれのある行為を含みます。)を禁止します。 利用者が禁止事項に違反した場合には、義塾は、当該利用者に対し、本サービスの利用の禁止、 利用者が登録・投稿した情報の全部もしくは一部の変更・削除等の不利益な措置を採ることがあります。

  • 本サービスによって利用者に提供された情報を、 第1条所定の目的以外の目的(例えば、政治活動、営業活動、宗教活動など)で使用する行為。
  • 利用者、第三者もしくは義塾が保有する、財産権、著作権、プライバシーもしくは肖像権、 およびその他の権利を侵害する行為。
  • 利用者、第三者もしくは義塾に不利益もしくは損害を与える行為。
  • 公序良俗に反する行為、あるいはそれを助長する行為。
  • 公序良俗に反する情報を、利用者もしくは第三者に提供する行為。
  • 法令に反する行為や犯罪的行為、あるいはそれをほう助する行為。
  • 事実に反する情報を提供する行為。
  • 利用者、第三者もしくは義塾が登録・投稿した情報を不正に改ざんする行為。
  • 利用者、第三者もしくは本サービスに成りすます行為。
  • 有害なコンピュータウイルス、コード、ファイル、プログラム等を開示する行為、 もしくは開示されている場所について示唆する行為。
  • 本サービスが提供する各種サービスの運営を妨げる行為。
  • 本サービスが提供する各種サービスの信用・名誉等を傷つける行為。
  • 本サービスを利用して、本サービスに定めるサービスと同様のサービスを、 有償無償を問わず、第三者に提供もしくは再販売、あるいは転売する行為。
  • その他、義塾が不適切と判断する行為。

第13条 違反行為等への対応

本利用規約に違反する行為が発見され、利用者が本利用規約に違反したと認められる場合、 その他義塾が必要と認める場合は、義塾は当該利用者に対し以下の対処を講ずることがあります。

  • 本利用規約に違反する行為等を止め、同様の行為を繰り返さないことを要求すること。
  • 利用者が登録・投稿した情報の自発的削除・訂正を求めること。
  • 利用者が登録・投稿した情報の全部もしくは一部を削除し、公開範囲を変更し、 または閲覧できない状態にすること。
  • 強制的に利用を停止すること。

第14条 情報流出に関する免責事項

義塾は本サービスにおいて取得され開示される利用者の個人情報の保護については万全を尽くしますが、 万一、ハッカーなど第三者の行為により当該情報が流出した場合には一切責任を負いません。

第15条 損害賠償

利用者が不正なデータの利用その他で義塾に損害を与えた場合、 義塾は当該利用者に対して損害賠償等を求めることがあります。

第16条 専属的な合意管轄

本サービスの利用に関し、利用者と義塾との間で紛争を生じ、訴訟を提起する場合は、訴額に応じ、 東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を専属的な合意管轄とします。

第17条 準拠法

この規約に関する準拠法は日本法とします。

(附則)
  • この利用規約は平成23年1月11日から施行します。
  • 本利用規約の施行前に利用者によって行われた行為についても本利用規約が適用されます。
Copyright(c), Keio University. All rights reserved.